第196回井の頭かんさつ会 レポート

タ イ ト ル:    「地衣類って、何?」
■ 実施年月日:    令和4年12月18(土)10:00~12:00
■ 参 加 者 数:    16名
■ 実 施 場 所:  井の頭公園ボート乗り場前(集合)→ 狛江橋を渡ったペパカフェ(レストラン)下
         周辺の樹木 → 黒門周辺 → 日本庭園 → ペパカフェ下の開けた場所(解散)

■ レポート
 当日の未明まで雨が降り続きましたが、朝には快晴となり、寒い日でしたが参加された皆さんには初めての地衣類を楽しんでいただけたようです。最後に「面白かった」「楽しかった」という声も聞かれ、企画側としても嬉しく思いました。
 都会の自然の中にこのような生きものもいることを紹介し、「こんなところに地衣類!」という発見と共に、その生き方の不思議について知っていただけたらと企画しました。さらに、身近な環境でも様々な生き物が生息している生態系についても、少し思いを馳せていただけたらという思いもありました。
 都会の自然の中にこのような生きものもいることを紹介し、「こんなところに地衣類!」という発見と共に、その生き方の不思議について知っていただけたらと企画しました。さらに、身近な環境でも様々な生き物が生息している生態系についても、少し思いを馳せていただけたらという思いもありました。
 とは言え、地衣類初心者対象のかんさつ会なので、まずは「地衣類は植物?」「コケではないの?」など、お話しながら実際に地衣類を見て回りました。対象が微小でルーペでの観察が欠かせないので、場所は公園内の3ヶ所に絞り、色、全体の形状(大型葉状・小型葉状か、固着か、樹状か?)、子器の形(椀状か、ドーム状か、溝状か、など)、栄養繁殖器官(裂芽、粉芽など)をゆっくり観察しました。また、コケ植物と一緒に生育していることが多く、どう違う?なども観察しました。
 さらに、地衣類はそれぞれ特有の化学成分(二次代謝産物)を作るので、その簡易検出方法の一例として、次亜塩素酸ナトリウム希釈液(ハイター薄め液)による呈色反応も実際にやってみました。1滴たらすとすぐ赤変するので、化学成分の確認を実感できました。
 最後に、イワタケのように食用になるものや、トナカイの食料であったり(当日の夜のNHK番組「ダーウィンが来た!」でもやっていました)、染料や薬用、環境指標になったりと、人の生活にも関わりがあることもお話しました。


<見ることのできた地衣類(種名は見た目での判断)>

葉状地衣類:    ウメノキゴケ、キウメノキゴケ、ナミガタウメノキゴケ、マツゲゴケ、
          ハクテンゴケ、コフキメダルチイ、コナロゼットチイ、ロウソクゴケ
固着(痂状)地衣: コナロウソクゴケモドキ、ミズイロレプラゴケ*、レプラゴケ(類)、
          モジゴケ(類)、サネゴケ(類)、コフキバラゴケ*、ヘリトリゴケ、
          キッコウイボゴケ
樹状地衣:     ヒメジョウゴゴケ
               (*)化学成分検出の呈色反応を実施してみた地衣類

 

地衣類とコケ植物とは同じ場所に生育し、似ています.何が違うのでしょう?
案内者「これはナミガタウメノキゴケで…」
参加者「これが地衣類…!?」
石に固着する地衣類をライト付きルーぺで観察中.地衣類の観察にはルーペ必携です.
ルーペで覗くと別世界が広がります.

地衣類は安定した環境が維持されれば、同じ場所でじっくり何年もかけて生長する生物です。
公園の環境の変化の一つの目安として今後も公園で観察を続けてみたいと思います。
                                  (田中雅子・記)

第196回井の頭かんさつ会のお知らせ

「地衣類って、何?」

日時: 2022年12月18日(日)10:00〜12:00(小雨決行)
集合: 9時45分 ボート乗り場前

主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内者
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクタ―)
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
高久 晴子
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
荻窪 奈緒(NACS-J自然観察指導員)
安部 順子

対象者:小学3年生以上(中学生以下は要保護者同伴)
定 員:24名
参加費(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:水分補給用飲み物、お持ちであれば観察用具(カメラ、ルーペなど)

ご案内
 「地衣類」。馴染みのない言葉だと思いますが、とても身近にいる生物(菌類の仲間)です。「これです」と言われれば、「これのことか!」というように、何となくであっても必ず目にしたことがあるはずです。かつ、南極から砂漠、ヒマラヤの高山まで広く世界中に分布しています。
 また、苔と同じ場所に生育していることも多く、「○○ゴケ」という名前の地衣類も多いのです。が、その生き方はコケとは異なり、独特なものです。地味で小さな生物ですが、生態系の中にはこんな生物もいることをご紹介し、観察したいと思います。
 (当会で地衣類を取り上げるのは2回目ですが、今回も、地衣類初心者を対象にした内容です)

参加申し込み方法
 下記アイコンのリンク先URLの申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)
・必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、確認画面を表示された後に申し込みボタンを押して下さい。
・申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
(メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。メールアドレスに間違い無いようにお願いします。)
・既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。


・参加申込期限:2022年12月15日(木曜日)23:59まで
(締め切り前に定員に達する場合が多いです。また現在(コロナ感染対策のため)定員を少なくしています。申し込みはお早めにどうぞ。)
※個人情報保護に関するポリシー:お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。また、第三者に譲渡することもありません。

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
■安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。
 一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
■対象レベル・年齢について
 小学3年生以上が対象です。中学生以下は保護者同伴でご参加ください。
■中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、まとまった雨の場合は中止することがあります。
 その場合は申込者にメールにて連絡いたします。

新型コロナ感染症拡大防止について
 新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。
 屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、まったくない訳ではありません。
 井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
 また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。
■観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。欠席される方は担当者までご連絡ください。
 ・体温が37.5度以上
 ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
 ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
 ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住
■井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
 ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
 ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる。
 ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
 ・大きな声を出しての会話はしない。
 ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。
■観察会後について
 ・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、担当者にメールで速やかにご連絡ください。個人情報を伏せた上でスタッフと参加者に共有します。
 ・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。期間終了後は速やかに破棄します。

お問い合わせは fe8n2h@bma.biglobe.ne.jp(田中雅子)までお願いします。
                               (2022/11/28 田中雅子)

第194回井の頭かんさつ会のお知らせ

第194回井の頭かんさつ会 
井の頭公園で秋の実の色探し

〜満員御礼〜定員に達しました〜

日時: 2022年10月30日(日)10:00〜12:00(小雨決行)
集合: 9時45分 ボート乗り場前

主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内者
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクタ―)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
谷口 智之(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
荻窪 奈緒(NACS-J自然観察指導員)
安部 順子

対象者:どなたでも(中学生以下は要保護者同伴)
定員:25名
参加費(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:水分補給用飲み物、お持ちであれば観察用具(カメラ、ルーペ、双眼鏡など)

ご案内
暑い季節もやっと終わり、秋らしくなってきました。
井の頭公園の植物たちも秋の準備を始めています。
木の実、草の実が熟して色づき始めていますが、
今月の井の頭かんさつ会では、これらの秋の実の色を探してみたいと思います。
何色が多いでしょうか?なぜ色づくのでしょうか?
秋の実を探して、観察して、考えてみましょう。

参加申し込み方法 
申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)

必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、
確認画面を表示された後に申し込みボタンを押して下さい。

申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。
メールアドレスに間違い無いようにお願いします。
もし、既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます

https://pro.form-mailer.jp/fms/f7150dc2267751

(井の頭かんさつ会参加申込みページ)

参加申込期限:2022年10月27日(木曜日)23:59まで
 ・締め切り前に定員が満員になる場合が多いです。
 ・また現在定員を少なくしています。申し込みはお早めにどうぞ。
※個人情報保護に関するポリシー:
 お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。
 また、第三者に譲渡することもありません。

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
■安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。
 一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、
 危険がないわけではありません。
 自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
■対象レベル・年齢について
 関心がある人全員向けです。年齢制限はありませんが、中学生以下は保護者同伴でご参加ください。
■中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、まとまった雨の場合中止することがあります。
 その場合は申込者にメールにて連絡いたします。

■新型コロナ感染症拡大防止について
 新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。
 屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、
 まったくない訳ではありません。
 井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、
 感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
 また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、
 観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。

観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。
欠席される方は担当者までご連絡ください。
 ・体温が37.5度以上
 ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
 ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
 ・海外への渡航
 ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住

井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
 ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
 ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる(なるべく2m以上)。
 ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
 ・大きな声を出しての会話はしない。
 ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。

観察会後について
 ・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、
  担当者にメールで速やかにご連絡ください。
  個人情報を伏せた上でスタッフと参加者に共有します。
 ・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。
  期間終了後は速やかに破棄します。

お問い合わせは petittown@jcom.zaq.ne.jp(小町)までお願いします。
(2022/10/10 小町友則)

第193回井の頭かんさつ会のお知らせ

クモ・くも・蜘蛛
 ~クモは面白い!~

雨天のため中止になりました。楽しみにされていた方ごめんなさい

日時: 2022年9月18日(日)10:00〜12:00(小雨決行)
集合: 9時45分 井の頭公園ボート乗り場前

※新型コロナ感染拡大状況によっては中止となる可能性があることをあらかじめご了承ください

主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内者
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
大橋 博資
日置 日出男(森林インストラクター)
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
谷口 智之(NACS-J自然観察指導員)
荻窪 奈緒(NACS-J自然観察指導員)
安部 順子

対象者:どなたでも(中学生以下は要保護者同伴)

定 員:20名
参加費(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:水分補給用飲み物、お持ちであれば観察用具(カメラ、ルーペ、双眼鏡など)

ご 案 内
クモはお嫌いですか?
 日本では、だいたい4人に一人が「嫌い」、「どちらかと言えば嫌い」という人を含めると半数以上になるそうです。
 でも、クモの行動や生活を知ると、とても面白い、興味のつきない生き物であることがわかります。そして、実は身近な生き物であり、そのほとんどが益虫と言えます。また、生態系の中で重要な役割を持つ生き物であることも知ってほしいと思います。
 井の頭公園には、よく出会うクモもいれば、滅多に出会わないクモもいますが、年間を通してみるとおよそ100~120種類のクモがいると思われます。秋の日の2時間に出会えるのはそのうちのごく一部ですが、この2時間のクモ観察で、クモが「好き」な人は「大好き」に、「嫌い」な人は「好き」に、あるいは好きになれなくとも「興味がわく」生き物になることを願っています。

参加申し込み方法
 下記アイコンのリンク先URLの申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)
 必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、確認画面が表示された後に申し込みボタンを押して下さい。申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
 メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。メールアドレスに間違い無いようにお願いします。
 もし、既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。

参加申込期限:2022年9月15日(木曜日)23:59まで
(締め切り前に定員が満員になる場合が多いです。また今回参加受付人数を絞っています。申し込みはお早めにどうぞ。)
※個人情報保護に関するポリシー:お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。また、第三者に譲渡することもありません。

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
◆安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
◆対象レベル・年齢について
 関心がある人全員向けです。年齢制限はありませんが、中学生以下は保護者同伴でご参加ください。
◆中止の可能性について
 まとまった雨の場合、中止することがあります。その場合は申込者にメールにて連絡いたします。また上記のように新型コロナ感染拡大状況によっては中止となる可能性があることをあらかじめご了承ください。
◆新型コロナ感染症拡大防止について
 新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。
 屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、まったくない訳ではありません。
 井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
 また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。

 観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。
 欠席される方は担当者までご連絡ください。
  ・体温が37.5度以上
  ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
  ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
  ・海外への渡航
  ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住

 井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
  ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
  ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる(なるべく2m以上)。
  ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
  ・大きな声を出しての会話はしない。
  ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。
  ※なお、参加費はお釣りのないようにお持ちください。

観察会後について
  ・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、担当者にメールで速やかにご連絡ください。個人情報を伏せた上でスタッフと参加者に共有します。
  ・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。
  ・期間終了後は速やかに破棄します。

COCOAについて
  ・厚生労働省の「新型コロナウィルス接触確認アプリ(COCOA)に登録することで感染拡大防止に役立ちます。登録を強制するものではありません。

お問い合わせは fe8n2h@bma.biglobe.ne.jp(田中)までお願いします。
(2022/8/28 田中雅子)











第191回実施レポート

■タイトル コケ入門

■実施年月日 2022年6月26日(日) 10時~12時

■参加者数 一般参加者 19名(大人15名、子供4名)

       井の頭かんさつ会スタッフ10名

■実施場所: 井の頭公園駅→神田川左岸ケヤキ並木→ボート池南岸→日本庭園→

       井の頭弁財天境内→日本庭園

■実施レポート

 梅雨の雨で生き生きとするコケをテーマにかんさつ会を企画しましたが、実施日前から晴天が続き実施日にはコケも乾燥し、ベストとは言えない酷暑の中での開催でした。

 コケをテーマにかんさつ会を開催するのは第191回目で初めてで、スタッフも1か月前から猛勉強しなんとか無事に終えることができました。

 コケの種を同定するのはかなり難しいので、コケをルーペやデジタル顕微鏡、カメラのマクロ撮影などを駆使しじっくり観察しコケの美しさ、姿の面白さを知ってもらうことを主眼に井の頭公園でよく見られる約10種のコケを観察しました。

 スタート直後の井の頭線のガードのセメントに生えている褐色のコケに霧吹きで水分を与えると緑色に変わることや、それをルーペでじっくり見るとスギゴケの仲間がきれいな放射状の姿をしていることに

思わず「きれい」と声をだしたり驚いたりしました。

 次のケヤキ並木ではケヤキの樹幹に数種類の蘚類と1種類の苔類を確認、蘚類の胞子体も観察しました。日本庭園では地面に生えた鳥の羽のようなコケや小さな丸い葉が連なったコケなどが見つかりました。井の頭弁財天の境内では苔類のゼニゴケやジャゴケの仲間も観察できました。

 暑い中、参加者の方が熱心にときには地面に這いつくばってルーペで観察してくださったりとあっという間の2時間が過ぎ無事終了となりました。

■所感

 初めてのコケでうまく説明できるか不安でしたが、参加者の皆さんが非常に熱心に観察してくださり、また喜んでくださったので、また適当な時期にコケのかんさつ会を実施しようと思いました。

第191回井の頭かんさつ会のお知らせ

第191回井の頭かんさつ会
「コケ入門」

日時:6月26日(日)10:00~12:00(小雨決行)
集合:9時45分ボート乗り場前 → 井の頭線 井の頭公園駅前 に変更
 
主催:井の頭かんさつ会
後援:東京都西部公園緑地事務所
 
案内者
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
高久 晴子
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
大橋 博資
日置 日出夫(森林インストラクター)
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
谷口 智之(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
荻窪 菜緒(NACS-J自然観察指導員)
安部 順子
 
対象者:小学生以上
定員:20名
参加費(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:観察用具(ルーペ、筆記用具など)
 
内容
梅雨が近づいてきました。雨が降ると生き生きと緑に輝くコケ。
井の頭公園にも普段はあまり目にきませんがたくさんの種類のコケがはえています。
そんな目立たないコケをたまには主役にして観察してみませんか。
 どんな場所に、どんな形で生活しているのか、あっと驚くように美しいコケを発見できるかもしれません。

参加申し込み方法 
下記URLの申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)
必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、確認画面を表示された後に申し込みボタンを押して下さい。
申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。
メールアドレスに間違い無いようにお願いします。
もし、既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。

https://pro.form-mailer.jp/fms/f428df45256647
(井の頭かんさつ会参加申込みページ)

参加申込期限:2022年6月22日(水曜日)23:59まで
(締め切り前に定員が満員になる場合が多いです。また現在定員を少なくしています。申し込みはお早めにどうぞ。)

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

問合せ先:下記をご覧ください

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、
 あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。
 自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□対象レベル・年齢について
 新型コロナ感染症対策のため、小学生以上を対象とします。
□中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、まとまった雨の場合中止することがあります。その場合は申込者にメールにて連絡いたします。

また、新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。
屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、まったくない訳ではありません。
井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、
感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、
観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。

■観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。
欠席される方は担当者までご連絡ください。
 ・体温が37.5度以上
 ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
 ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
 ・海外への渡航
 ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住

■井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
 ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
 ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる(なるべく2m以上)。
 ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
 ・大きな声を出しての会話はしない。
 ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。
 ※参加費はお釣りのないようにお持ちください。

■観察会後について
・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、
 担当者にメールで速やかにご連絡ください。個人情報を伏せた上でスタッフと参加者に共有します。
・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。
 期間終了後は速やかに破棄します。

■COCOAについて
・厚生労働省の「新型コロナウィルス接触確認アプリ(COCOA)に登録することで感染拡大防止に役立ちます。
 ※登録を強制するものではありません。

お問い合わせは mktsato310@gmai.com(佐藤)までお願いします。
(2022/6/6 佐藤 誠)

第189回井の頭かんさつ会のお知らせ

第189回井の頭かんさつ会 
花と環境 どこにどんな花が咲いている?

日時: 2022年4月16日(土)10:00〜12:00(小雨決行)
集合: 9時45分 ボート乗り場前

主催: 井の頭かんさつ会

案内者
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクタ―)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
谷口 智之(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
荻窪 奈緒(NACS-J自然観察指導員)

対象者:中学生以上のどなたでも
定員:20名
参加費(保険代・資料代など):300円
持ち物:観察用具(カメラ、ルーペなど)

ご案内
コロナ禍で活動が制限され、しばらく中止をしていましたが、対応策を講じて再開します。
春は毎回、テーマで花を取り上げていますが、今年は花と環境を取り上げてみたいと思います。
井の頭公園でも草原の環境、森林性の環境、公園外では街中の厳しい環境があります。
春の花を楽しみつつ、それぞれの環境で咲く花を観察し、その植物の持つ性質や生活環を考えてみましょう。
街中のスミレも観察予定です。

注意:
今回は街中での観察が多いので、対象年齢を中学生以上とします。今後運営方法を検討するなどして対象年齢拡大を検討しますが、楽しみにしていたお子様たちには申し訳ありません。ご了承ください。

参加申し込み方法 
申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)

必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、確認画面を表示された後に申し込みボタンを押して下さい。

申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。
メールアドレスに間違い無いようにお願いします。
もし、既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。

(井の頭かんさつ会参加申込みページ)

参加申込期限:2022年4月13日(水曜日)24:00まで
(締め切り前に定員が満員になる場合が多いです。また現在定員を少なくしています。申し込みはお早めにどうぞ。)

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

問合せ先:下記をご覧ください

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、
 あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。
 自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、まとまった雨の場合中止することがあります。その場合は申込者にメールにて連絡いたします。

また、新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。

屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、まったくない訳ではありません。
井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、
感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、
観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。

■観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。
欠席される方は担当者までご連絡ください。
 ・体温が37.5度以上
 ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
 ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
 ・海外への渡航
 ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住

■井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
 ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
 ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる(なるべく2m以上)。
 ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
 ・大きな声を出しての会話はしない。
 ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。
 ・参加費はお釣りのないようにお持ちください。

■観察会後について
・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、
 担当者にメールで速やかにご連絡ください。当会で情報を集約し、個人情報を伏せた上で
 スタッフと参加者に共有します。
・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。
 期間終了後は速やかに破棄します。

お問い合わせは petittown@jcom.zaq.ne.jp(小町)までお願いします。
(2022/3/27 小町友則)

2月の井の頭かんさつ会「冬芽の世界」中止のお知らせ

2/20を予定していた井の頭かんさつ会「冬芽の世界」~ワクワク驚きの世界を体験!~は新型コロナウィルスのオミクロン株の感染急拡大により、残念ですが中止することになりました。お知らせが遅くなり申し訳ありません。ぎりぎりまで開催の判断を待ってみましたが、なかなか状況が改善されないため中止の判断となりました。

来月以降の井の頭かんさつ会の予定については、また詳細が決まりましたらこのホームページでお知らせします。

立春を過ぎ、少しずつ春の気配を感じるようになってくる頃。まだまだ寒い日が続きますが、お体に気をつけながらお過ごしください。

第183回井の頭かんさつ会のお知らせ

第183回井の頭かんさつ会 
花の名前

日時: 2021年4月18日(日)10:00〜11:30(小雨決行)
集合: 9時45分 ボート乗り場前

主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内者
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクタ―)
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
田中 利秋(NACS-J自然観察指導員)
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
谷口 智之(NACS-J自然観察指導員)
市川 伸一
荻窪 奈緒(NACS-J自然観察指導員)

対象者:小学4年生以上(小学生は要保護者同伴)
定員:20名
参加費(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:観察用具(カメラ、ルーペなど)

ご案内
緊急事態宣言が発令していたためしばらく中止をしていましたが、対応策を講じて再開します。
春は毎回、テーマで花を取り上げていますが、今年は花の名前を取り上げてみたいと思います。
名前はそのものを他と区別するために非常に大切なものです。
1つの花でも、標準和名、別名、学名、外国での呼び名など色々ありますが、その花の名前の由来やその花にまつわるエピソードを、観察したイメージと結び付けてみたいと思います。
密にならないように、春の井の頭公園を楽しみましょう。

注意:
今回は新型コロナ感染症対策のため対象年齢を小学校4年生以上とします。今後運営方法を検討するなどして対象年齢拡大を検討しますが、楽しみにしていたお子様たちには申し訳ありません。ご了承ください。

参加申し込み方法 
申し込みフォームより申し込み下さい。(アイコンをクリックするとページが立ち上がります)

必須項目全てにご記入の上、ページ下端にある「確認画面へ」ボタンを押し、確認画面を表示された後に申し込みボタンを押して下さい。

申し込みが完了すると自動返信メールが届きますのでご確認下さい。
メールが届かない場合は申込みが完了していないか、記載したメールアドレスに間違いがあります。
メールアドレスに間違い無いようにお願いします。
もし、既に定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。

(井の頭かんさつ会参加申込みページ)

参加申込期限:2021年4月15日(木曜日)24:00まで
(締め切り前に定員が満員になる場合が多いです。また現在定員を少なくしています。申し込みはお早めにどうぞ。)

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、申込者にメールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

問合せ先:下記をご覧ください

注意事項
参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、
 あくまでも無事故を目指します。
 身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。
 自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□対象レベル・年齢について
 新型コロナ感染症対策のため、小学4年生以上を対象とします。
□中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、まとまった雨の場合中止することがあります。その場合は申込者にメールにて連絡いたします。

また、新型コロナ感染症拡大防止のために参加者に以下のことをお願いします。

屋外で行う自然観察会は新型コロナウイルスの感染リスクは比較的低いものの、まったくない訳ではありません。
井の頭かんさつ会は東京都感染拡大防止ガイドラインに則って感染拡大防止策を講じていますが、
感染のリスクはゼロではないことをご了解頂き、ご自身でも感染防止に留意してご参加ください。
また新型コロナウイルスの感染拡大状況の変化や国や都などからの自粛要請により、
観察会の中止や内容の変更の可能性があります。ご了承ください。

■観察会前2週間〜当日朝において以下の事象がある方は申し込み頂いても参加できません。
欠席される方は担当者までご連絡ください。
 ・体温が37.5度以上
 ・咳、のどの痛み、倦怠感、味覚や嗅覚の異常
 ・新型コロナウイルス感染陽性者または感染の疑われる人との濃厚接触
 ・海外への渡航
 ・地域別の緊急事態宣言が発令された地域に居住

■井の頭かんさつ会への参加時は以下のことをお守りください。
 ・当日ご自宅で体温の検温を行い、参加の最終判断をする。
 ・観察会実施中はスタッフや他の参加者、来園者との距離をとる(なるべく2m以上)。
 ・マスクまたはフェイスシールドなど飛沫を飛ばさない感染拡大防止用品をつける。
 ・大きな声を出しての会話はしない。
 ・観察会実施中に気分が悪くなった場合には、スタッフに連絡の上で帰宅する。
 ・参加費はお釣りのないようにお持ちください。

■観察会後について
・観察会参加後2週間以内に新型コロナへの感染が確認された場合は、
 担当者にメールで速やかにご連絡ください。当会で情報を集約し、個人情報を伏せた上で
 スタッフと参加者に共有します。
・参加申し込み時に記入頂いた個人情報は観察会後2週間当会が保存します。
 期間終了後は速やかに破棄します。

お問い合わせは petittown@jcom.zaq.ne.jp(小町)までお願いします。
(2021/3/30 小町友則)

2月の井の頭かんさつ会 中止のお知らせ

2月末に冬芽をテーマにした井の頭かんさつ会の実施を計画していましたが
新型コロナウィルス感染症の拡大と緊急事態宣言の延長の状況を鑑み
残念ながら中止することに致しました。
3月の井の頭かんさつ会の実施につきましては 決まり次第、こちらでお知らせ致します。