第39回井の頭かんさつ会のお知らせ
盛会終了

第39回井の頭かんさつ会

テーマ: 「渡りの夏鳥を探せ!2008秋」
 
日時: 2008年9月23日(火・祝日)  
探鳥会    9:30〜11:00頃
屋内講座  11:00〜12:00頃

集合: 9:15 井の頭池ボート乗り場前
観察場所:井の頭池〜小鳥の森             

主催:井の頭かんさつ会
 後援:東京都西部公園緑地事務所
 案内:
高野 丈(NACS-J自然観察指導員)
田中利秋(NACS-J自然観察指導員)
小町友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
大原正子(井の頭かんさつ会事務局長)
佐藤 誠(井の頭バードリサーチ)
高久晴子(井の頭バードリサーチ)
田中雅子(NACS-J自然観察指導員)
日置日出男

協力:井の頭バードリサーチ

対象: どなたでも (小学生以下は保護者同伴)
定員:40名(定員に達しましたので募集を終了しました。)

参加費(保険代・資料代など): 300円、小学生以下は100円
持ち物:観察道具(双眼鏡など)
申し込み方法、問合せ先: 下記をご覧ください。


ご案内

 暑い暑い夏がやっと一段落し、心地よい秋風が吹く頃、井の頭池にはカモたちが帰ってきます。久しぶりで戻ってきたカモたちは引き続き餌やりが抑制された環境でどのような反応を見せるでしょうか。
 井の頭の森には繁殖を終えて南へ戻る途中の夏鳥、この時期だけ「通りすがる」鳥が姿を現します。タイミングが合えば面白い観察ができる好機です。
春と違ってさえずらない鳥たちを探すにはどうしたらいいでしょうか。
 秋の渡りの夏鳥の探し方を解説し、じっくり観察します。屋外での観察終了後は室内で鳥類について簡単な講座を行います。


最新の野鳥観察情報はこちら

ちなみにちょうど一年前の9月23日の観察記録は...


サンコウチョウの若鳥

ツツドリ

カイツブリ、ゴイサギ、オシドリ、カルガモ、オナガガモ♀、ハシビロガモ♀、キジバト、
ツツドリ、アオゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズキビタキオオルリエゾビタキ
コサメビタキサンコウチョウJ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、
ハシブトガラス、ワカケホンセイインコ...とかなり贅沢でした。

 

参加申し込み方法
 メールでのみ受け付けます。下記をすべて読んでから、必要項目を記入したメールを井の頭かんさつ会事務局 kapock@parkcity.ne.jp (大原正子) までお送りください。
メールに記入すべき項目

第39回観察会に参加したいことを明記してください。(必須)
□参加希望者全員の氏名 (必須)
□住所 (市区町村レベルまで必須 例:東京都三鷹市、東京都杉並区など)
□返信を希望するメールアドレス (参加申し込みメールと同アドレスなら不要)
□電話番号
□小中学生は学年、未就学のお子さんは年齢
□双眼鏡の有無
□何で今回の観察会を知ったか(かんさつ会HP、ポスター、『みたか環境ひろば』、知人紹介、サンケイリビングなど)
□我々(主催者、案内者)へのメッセージ:
 連絡事項があれば書いてください。また、観察会に参加したい理由や期待することなど、何か書いていただければ嬉しいです。 (必須ではありません)
− 以上 −

※個人情報保護に関するポリシー:
 お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。また、第三者に譲渡することもありません。

受付とその連絡
 メール受信後しばらくして、参加可否の返信をさしあげます。受付は原則先着順です。

参加者への詳細情報
 集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、メールでお知らせします。なお、参加者全員へのその後の連絡はメールでなくこのページ上で行いますので、ときどきチェックしていただくようお願いします。

注意事項
 参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。
 一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□対象レベル・年齢について
 関心がある人全員向けです。年齢制限はありませんが、小学生以下は保護者同伴でご参加ください。

問合せ
 参加に関する問い合わせは kapock@parkcity.ne.jp(大原)まで、観察会の内容あるいは「井の頭かんさつ会」についての問い合わせは、高野joe@birdimages.jpへメールください。

(2008/9/2作成 高野 丈)


『井の頭かんさつ会』トップページへ