第100回井の頭かんさつ会レポート

「真夏の神秘体験! 夜の生き物ウォッチング」

日時:2013年8月10日(土曜日)午後6:30~8:30
主催:井の頭かんさつ会
後援:東京都西部公園緑地事務所

案内:
田中 利秋(NACS-J自然観察指導員)
大原 正子
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター) 
高野 丈(NACS-J自然観察指導員)
高久晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
上村 肇
竹内 隆一(NACS-J自然観察指導員)
佃 和夫(NACS-J自然観察指導員)

協力:
保全活動班メンバーなど8名

参加者:71名(大人47、子供24)

レポート

 最高37.4℃、最低29℃、これがこの日の最高気温と最低気温。しかし最低気温が出たのは朝のことで、夕方6時半の御殿山は熱気と湿気でムンムン。そこへ総勢90名を超える人々がさらなる熱い期待を胸に集合しました。夜でなければ活動しない生き物たちが見られる、それも何故夜にだけ?の疑問も分かるかもしれない、という期待です。
下見で共通の観察内容を予め決めてはいましたが、夜の森には何が出てくるか分かりません。参加者だけでなく、スタッフたちもワクワクする夜の探検です。

参加者もスタッフも、メンバーの印として腕に「ネオンブレスレット」(コンサートなどでよく使用する光る腕輪)をつけて、6班に分かれて「夜の神秘体験」に出発しました。

まず集合場所では、最近市街地では殆ど聞くことの出来なくなったヒグラシの大合唱を楽しみ、弁天橋では虫を求めて上空を飛び交うアブラコウモリを肉眼で見ながら、彼らの出す超音波をバットディテクターでキャッチして確かめました。知識では知っていたコウモリの超音波を実際に感じてみた参加者たちは大喜びでした。
その頃には夜のとばりも降りて皆の期待はますます高まってきました。

*何といっても人気の的は夜の虫たちです。そのなかでも「セミの羽化」には子供も大人も感動しました。コース途中のそこここの柵や柵のロープ、樹木、草などにのそりのそりと登っていくセミの幼虫、殻から一生懸命に抜け出ようとしている羽化途中の姿、美しい薄緑色の羽を伸ばして乾くのを待っている生まれたばかりの成虫・・・井の頭公園の夏の夜はセミたちの密やかな営みにあふれていました。
また、90名もの目は、樹液に集まるカブトムシやコクワガタ、草むらに潜むサトクダマキモドキの幼虫、アオバハゴロモ等々……多くの虫たちが暗い森の中、樹木の上や草の陰で密やかな暮らしを営んでいるのを見つけ出しました。夜でも行列を作って卵を運んでいる、巣を持たないアミメアリの大群も人々の目を惹きました。

*花では、夜飛び回るスズメガをポリネーターとする為に夜咲くカラスウリ(野草園)、メマツヨイグサ(野球場予定地)、また、自家受粉もするオシロイバナ(ジブリ前)を観察しました。

*植物では、昼間とは違う姿になって就眠運動をする葉も観察しました。野草園のノササゲ、カラムシ、ヤブマメ、カタバミ、ジブリ前のネムノキ、ハギ等です。

*夜間に変形体から子実体へ劇的に変身する粘菌…残念ながら目立つ変形体がコース内にはこの日無く、写真と解説だけに留めましたが、参加者の関心を惹きました。
*その他、モグラ塚の穴掘りに挑戦した子供たちもいました。

終了時間には第二公園に全員集合し、さて、スタッフの挨拶を、という時でした。サプライズが起きました。取材に見えていた記者の胸になんと、カブトムシが突然止まったのです。本人は勿論、皆びっくり。記者の周りは興奮に包まれ、子供から大人まで押し合いへし合いの人垣が出来ました。最後まで熱気に溢れた夏の夜の観察会はこうして幕を閉じました。

第100回という節目にふさわしい大人気の観察会でした。じつは今回は120名を超える方々から参加申し込みをいただきました。井の頭かんさつ会「観察会班」12名がフル回転の6班体制としましたが、夜の観察会ということで、安全に関しては特別の配慮が必要です。「保全活動班」メンバーに協力を求め、子供たちへの目配りを担当してもらったものの、受け入れられる人数には限りがありました。キャンセル待ちをしていただいたにもかかわらず参加できなかった多くの方々には大変申し訳ない気持ちです。

今回、公園管理の皆様には、夜の見せ場のひとつであるカラスウリの開花を観察する為に草刈りをお待ちいただくなど、便宜を図っていただきました。新聞や地域放送局からの取材も3件ありました。こうして100回目を迎えられたことは、私たちにとって大きな感動です。支えて下さっている皆様、参加して下さる多くの皆様のお蔭であると心より感謝致します。

JTP130810_7186s.jpgJTP130810_7202s.jpg

JTP130810_7207s.jpgJTP130810_7233s.jpg

(レポート:大原、写真:高野)

100回記念親睦会


観察会の後、100回記念親睦会を公園近くのお店で開催しました。恒例行事の8月の親睦会をこれまではレポートしてきませんでしたが、今回は特別な親睦会なので、特別にレポートします。

イタリアンレストランを借り切り、最終的に48名が出席しての盛大な会になりました。スクリーンに井の頭公園の生き物たちのスライドショーが映し出される中、まずは渇きと空腹を癒す飲食と歓談。少し落ち着いたところで「観察会班」のメンバー12名がそれぞれ短いスピーチをして、井の頭かんさつ会や公園の生き物への思いを語りました。その中には、今回から正式メンバーになった佃もいました。続いて、新たに発足させた「保全活動班」の紹介を行い、出席した8名の新メンバーが挨拶しました。

我々はこれまで、かんさつ会メンバー+協力者の計30名が「同志」としてまとまり、井の頭池の保全活動を行ってきました。しかし協力者の中にはかんさつ会メンバーより熱心に活動に参加してくれる人が何人もいて、区別が分かりにくくなっていました。しかもそういう人たちは、自分も井の頭かんさつ会の一員であるとの気持ちで活動してくれています。そこで、新たに「保全活動班」を設け、彼らを正式なメンバーとして迎えることにしたのです。それに伴い、自然観察会を実施しているメンバーを「観察会班」と呼ぶことにしました。現時点で、井の頭かんさつ会のメンバー数は22名、観察会班12名、保全活動班17名です(つまり7名は両班に所属しています)。自分の関心が高い活動を中心に取り組んでもらいますが、今回保全活動班のメンバーが観察会のサポートをしてくれたように、両班が助け合い補い合って、目的に向かって活動していければと考えています。

続いて、2005年4月の発足時からのメンバーである高野が撮り貯めたこれまでの観察会の写真をスクリーンで上映し、関係者が思い出を語りました。写っていた多くの笑顔、それを見ている出席者の笑顔に、井の頭かんさつ会を続けてきてよかったと思いました。

最後は、実施が決まっている井の頭池の「かいぼり」計画について上村が解説を行いました。地域住民の関心や期待が高まっているのに詳細が公園からなかなか発表されないので、井の頭外来生物問題協議会に参加している我々が得ている範囲で説明をしたのです。かいぼりへの参加を呼びかけたところ、さっそく複数の方から協力の申し出がありました。

今回の親睦会には、最近の常連はもちろん、かつて常連だった人、初めて観察会に参加した人など、いろいろな人に出席いただきました。それらの方々にお話を伺い、各メンバーのスピーチを聞き、懐かしいこれまでの観察会の写真を見るにつけ、我々はじつに多くの人たちに支えられてここまで来たのだと実感しました。井の頭かんさつ会を立ち上げた目的はただ一つ、生き物と自然をよく知ってもらうことで、その魅力や大切さを実感してもらい、それを守る力になってもらうこと。どのような会にしたいというイメージは持っていませんでした。その都度必要と思ったことをやっているうちに、支援してくださる方が現れ、活動に加わってくれる仲間が増え、参加者もしだいに増えて、今の姿になりました。今後も柔軟にしかし粘り強く活動を続けていければと思います。今後も井の頭かんさつ会をよろしくお願いいたします。


JTP130810_7284s.jpgJTP130810_7259s.jpgJTP130810_7303s.jpg

(レポート:田中利秋、写真:高野)