第8回井の頭かんさつ会レポート

『冬鳥のいろいろを探そう』

開催日:2006年2月19日
時間:10:00~12:00
場所:井の頭公園
主催:井の頭かんさつ会
引率:高野 丈(自然観察指導員)
引率:小町友則(森林インストラクター)
引率:田中利秋(自然観察指導員)
参加者:18名

レポート

都市公園の冬鳥観察会=カモ観察だけではない

 この冬シーズン、何回カモを中心とした観察会を行ったことでしょう。初めての参加者や初心者にとっては定番として良いにしても、リピーターやベテランの方にとってカモの同じ話を繰り返し聴くのはちょっと退屈かもしれません。10月末から毎回同じ話をしているようなものですから。
JTP060219_0109.jpg
かといって面白い観察対象が突如現れるわけでもありません。そこで、今回は趣向を凝らしてゲームを組んでみました。姿を見つける、行動を観る、声を聴き取る等々の課題を盛り込みました。各項目には難易度に応じて点数を割り振りました。日頃観ている観察対象であっても、その時に見つけられるか、聴けるかとなると必ずしも容易ではありません。そこにスリルとゲーム性が成り立ち、気がつくと誰もが夢中になっていました。3班に分かれて競っていただいたゲーム。それぞれの班にそれぞれのドラマが生まれました。観察会を主催するといっても必ずしも私たちが参加者に何としても楽しんでもらおうと無理をしなくとも、参加者たち自身で盛り上がり、楽しんでいただくことができることもあるのです。今回は観察会の新しい形を拓くことができたかもしれません。会終了後はイタリア料理「キャンティセッテ」で皆でランチ。美食を楽しみながら楽しい一時を過ごすことができました。【高野】