第34回井の頭かんさつ会レポート

「夏鳥探鳥会」

日時: 2008年4月29日(火曜・祭日) 午前9:00~12:00
     9:00~11:00 探鳥会
    11:00~12:00 講座(屋内) 

場所:井の頭池~御殿山~玉川上水~小鳥の森(探鳥会)
井の頭恩賜公園西園会議室(講座)
主催:井の頭かんさつ会
後援:東京都西部公園緑地事務所
案内:
高野 丈(NACS-J自然観察指導員)
田中利秋(NACS-J自然観察指導員)
小町友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
大原正子(井の頭かんさつ会事務局長)
高久晴子(井の頭バードリサーチ)
佐藤 誠(井の頭バードリサーチ)
田中雅子(NACS-J自然観察指導員)
日置日出男
参加者:39名
井の頭かんさつ会3周年記念親睦会(参加者:25名)

レポート

 P4290285c.jpg34回目の観察会は旬の季節移動中の夏鳥の観察をテーマにしました。今は鳥類の季節移動の真っ盛り。この時期にバードウォッチングしない手はありません。今回は過去最高39人もの参加者を迎え、感謝感激でした。この4月で井の頭かんさつ会はちょうど3周年を迎えました。3年前の今頃、田中さんがカイツブリをテーマに最初の観察会を実施した頃はこんなに多くの参加者にこんなに多くのスタッフが対応するとは想像もしませんでした。私たちがここまで来られたのは熱心な参加者の皆さまのおかげに他なりません。心から感謝いたします。
P4290348c.jpg今季は夏鳥の出がぱっとしないのですが、幸いなことに不振が著しかったムシクイ類が昨日になってがばっと飛来して状況が良くなっていました。少なくともキビタキの声と姿を憶えて帰ってもらおうと思いました。参加者を3手に分けて出発。双眼鏡の使い方のおさらいから、聴覚を研ぎ澄ますことなどをレクチャー。雑木林ではセンダイムシクイ、エゾムシクイの声はするものの、なかなか姿を観ることができませんでした。キビタキやオオルリもいるのですが、こちらは頼みのさえずりがありませんでした。こんな感じで野外での観察はちょっと不完全燃焼でした。
P4290376c.jpg屋内講座は会が現在外来種問題に取り組んでいる理由を説明し、夏鳥についてレクチャーし、最後に声を当てるクイズを実施しました。
 会終了後は3周年を記念して野外で親睦会を実施。こちらも参加者スタッフ総勢25人が参加し盛況でした。皆が思い思いのおつまみを持ち寄って一杯。この時期野鳥観察もさることながら、外で飲み食いするのがとても気持ちいい時期です。皐月の風に吹かれながら自然談義に華を咲かせました。(レポート:高野 写真:田中雅子)