第33回井の頭かんさつ会レポート

「春のお花見~愛でながら観察~」

日時: 2008年3月23日(日) 午前10:00~12:00
場所: 井の頭池~小鳥の森周辺
主催:井の頭かんさつ会
後援:東京都西部公園緑地事務所
案内:
小町友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中利秋(NACS-J自然観察指導員)
高野 丈(NACS-J自然観察指導員)
大原正子(井の頭かんさつ会事務局長)
高久晴子(井の頭バードリサーチ)
佐藤 誠(井の頭バードリサーチ)
田中雅子(NACS-J自然観察指導員)
日置日出男
参加者:22名

レポート

kansatukai080323a.jpg例年より早いソメイヨシノの開花宣言を受けて、春爛漫のお花見日和。まず、集合場所の目の前に咲く枝垂桜から始めて、コースを回りながら、資料の写真にある25種の花を観て回りました。参加者はそのつど、小町指導員の案内に従って、資料の写真に花の名称を書き込みながら、その花の特徴について説明を聞いたり、実際に試したりしながら確認していきます。
井の頭公園では、枝垂桜やソメイヨシノ以外にも、オオシマザクラ・カンヒザクラ・河津桜・大寒桜・小彼岸など多種ののサクラが見られるので、サクラだけでも、その特徴(花が先に咲く・花と葉が同時など)や系統(野生種・園芸種)など多くのことを観察しながら確かめることができました。
また、ふだんは花としてあまり注目されないアカシデ・イヌシデ・カツラ・モミジ・アオキなどの花の様子も観察でき、花の多様性を感じ取ることができました。一方、それぞれの花のつくりや花粉を運ぶしくみも詳しく観察できました。
kansatukai080323b.jpgkansatukai080323c.jpg例えば、ヒイラギナンテンの花は、楊枝やペンの先などで雄しべに触れると、雄しべが動いて花粉をポリネーター(花粉を運んでくれるパートナー)につける仕組みを持っています。また、オオイヌノフグリの花は、自家受粉の後に花びらがポロリと落ちて、雌しべが残ります。河津桜では、蜜を出す若い葉の蜜腺を探して、実際にその甘さを賞味してみました。
kansatukai080323d.jpgこうした花の仕組みを一層詳しく観るために、最後に実体顕微鏡を使ってカンヒザクラやアセビなどの花を詳しく観察しました。
今回の観察会では、花とポリネーターとの関連など、普通の図鑑には記載されていないような説明があり、また、実際に花に触れて花のダイナミックな仕組みを観察したことで、花の美しさのみならず、花が子孫を残すための戦略基地であることもうかがい知ることができ、花に対する関心が一層高められたのではないでしょうか。 (大原・高久)