第30回井の頭かんさつ会レポート

「昼下がりの探鳥会」

日時: 2007年12月16日(日) 午後14:30~16:30
場所: 井の頭公園(小鳥の森~七井橋)
主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所
案内:
高野丈 (自然観察指導員)
田中利秋 (自然観察指導員)
小町友則 (自然観察指導員、森林インストラクター)
大原正子
佐藤誠
高久晴子
田中雅子(自然観察指導員)
参加者:21名

レポート

kansatukai071216g.jpg当日は、風は強かったものの好天に恵まれ、小鳥の森観察窓前には参加者が早くから集まってきました。まず、担当の高野指導員から資料が配られ、当日の目当てについて説明がありました。参加者は2班に分かれ、双眼鏡の使い方などを確認した後、鳥の声に耳を澄ませながらコースを回って探鳥していきました。途中、鳥の特徴や食性などの解説もありました。今回の目当ての一つは、今季例年になくよく見られるキクイタダキを見つけることにあります。小さくて、よく動き回るので見つけるのはかなり難しいのですが、みんな声を頼りに必死に姿を追いました。小鳥の森の南側のムクノキには、その実を求めてくる、アカハラ・シロハラ・ツグミなどの大型のツグミ類が観察できます。
kansatukai071216b.jpgちょうど観察しているときに、20~30羽のカラスに追われて飛翔するオオタカの姿も観察することができました。参加者の間に興奮の渦が巻いたようでした。御殿山では、カワラヒワやヤマガラなどが見られ、また池では、この日、幸運にもヨシガモがきており、当地では珍しい鳥なので参加者も驚いていました。都会に残された貴重な井の頭の自然の中で、冬に集う鳥たちを満喫できた午後のひと時だったと思います。
bounekai.jpg忘年会
忘年会には十数名が参加しました。一人ひとりが一年間を振り返ったり、かんさつ会に参加した経緯を語ったりしながら、それぞれの熱い思いをみなで共有しつつ飲み交わし、楽しい忘年会となりました。一年間ありがとうございました。また、来年もよろしく。(大原・高久)