第2回井の頭かんさつ会レポート

『木の葉の観察会(木の葉からみる自然)』

開催日:2005年7月2日
時間:午前9:55~12:00
場所:井の頭公園
主催:井の頭かんさつ会
案内:
田中利秋(自然観察指導員)
小町友則(森林インストラクター、ビオトープ管理士、気象予報士)
中山久司(自然観察指導員)
高野 丈(写真家)
協力:井の頭ML有志
参加者:15名

レポート

第1回の野鳥というキャッチーなテーマから離れ、ある意味で地味な樹木をテーマにかんさつ会を開催しました。参加者の間には植物か、ちょっと勉強しようかなという空気があったように感じました(私だけかもしれません、笑)。ところが始まってみると、これがなかなかに興味深く、面白い仕掛けが用意されていたり参加者を飽きさせない展開でした。
JTP050702_4047.jpg
視覚、聴覚、触覚、嗅覚、(人によっては+味覚)を動員した観察は体験型で楽しかったです。『インク不要で字が書けて、手紙として送れる葉っぱがある』の体験は楽しかったです。とにかく、メインの案内役を務めてくれた小町さんのパフォーマンスが抜群でした。【高野】