163poster.jpg
定員に達しましたので、申込受付を終了しました

12月の井の頭かんさつ会開催のお知らせ
第163回井の頭かんさつ会 
「生き物の冬越し」
日時: 2018年12月16日(日)午前 13:30〜15:30(小雨決行)
集合: 13時15分 井の頭公園ボート乗り場前
普段のかんさつ会と開始時刻が異なります。ご注意下さい。
荒天の場合には中止とします
主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内
村上 健太(NACS-J自然観察指導員)
佃 和夫(NACS-J自然観察指導員)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクタ―)
田中 利秋(NACS-J自然観察指導員)
大原 正子
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資
竹内 隆一(NACS-J自然観察指導員)
中村 芳生(NACS-J自然観察指導員)
栫 祐子(NACS-J自然観察指導員)
野口 明美(森林インストラクター、NACS-J自然観察指導員)

定員: 30名
参加費:(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:観察用具(カメラ、ルーペ、双眼鏡など)

ご案内

冬は太陽の光が弱く気温が低いため、生き物にとっては暮らしにくい季節ですが、それぞれの方法で適応して冬を乗り切っています。
植物はどうやって冬越しするのか?ヤツデはなぜ冬に花を咲かせるのか?小さな動物、特に変温動物である昆虫などはどうやって寒さをしのいでいるのか?寒い冬を乗り切り、また冬を利用する、たくましい生き物の姿を観察します。

また、かんさつ会の終了後に懇親会(忘年会)を行います。
当日その場で参加者を募って、居酒屋に移動しますので、希望される方はお楽しみに。
費用は飲み放題コースを想定していますが、お子様の参加などあれば調整します。
かんさつ会に参加できないれど懇親会に出たいという方は下記の担当者まで個別にご連絡下さい。
懇親会概要(予定) 
 日時:12月16日16時〜2時間程度
 料金:未定4〜5千円程度を想定

参加申し込み方法

下記URLの申し込みフォームより申し込み下さい。(URLをクリックするとページが立ち上がります)
※もし、すでに定員に達している場合にはその旨のメッセージが表示されます。

〇井の頭かんさつ会参加申し込みフォームLinkIcon

申し込み締め切り: 2018年12月13日(木曜日)24:00まで
(下締め切り前に定員が満員になることが予想されます。申し込みはお早めに)

※個人情報保護に関するポリシー:お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。また、第三者に譲渡することもありません。

参加者への詳細情報
集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、メールでお知らせします。
また、当日中止の判断を行う場合も申込者にメールでお知らせします。

問合せ先:下記をご覧ください

参加者への詳細情報

集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、メールでお知らせします。
また、下記にありますように、当日中止の判断を行う場合もあります。

注意事項・問い合わせ先

参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。
身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。
自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□対象レベル・年齢について
 関心がある人全員向けです。年齢制限はありませんが、小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
□中止の可能性について
 小雨の場合は実施し、荒天の場合は中止することがあります。その場合は申込者にメールにて連絡いたします。
お問合せkentax.high@gmail.com(村上)までお願いします。
(2018/11/18 村上健太)